伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

伝わるうれしさ、来たる!

どんなとき、伝わったことがうれしいのか?

わたしが覚えたセリフ言い切るんじゃなくて、相手の反応なんだよね。

どうリアクションしてくれるか。

わたしから話しても、反応してくれないだろう、理解してもらえないだろうって思う人に、いい返事をもらえるとき。

超絶嬉しい!のだ。

知的障がい、または発達障がいをお持ちのかたに伝わるととくに嬉しい。

わずかながらでも、やりとり成立したこと、嬉しい。

慣れない外国語で話して伝わるときも、嬉しい。

難しそうなおじさまが話を聞いてくれて、同意してもらえたら、やっぱり嬉しい。

苦手意識がある、私じゃ無理かなと勝手にかべを作る前に、話してみることがカギだ。