伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、特に精神障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

できない時、人のせいにして抗弁する人。もっともらしい、最もダメな言い訳。

何かができなかったとき、

やろうとしたけど実行に至らなかったとき、

言い訳をしたがる人がいる。

とにかく力強く抗弁してた(笑)

 

何かやって失敗した、

つまり実行してみてダメだった場合は

自分でアクションを起こしているのでまだマシだし、

次元が全然ちがう。

 

やろうとしたのにダメ出しされた。

行こうとしたのに阻止された。

せっかくやる気だったのに阻害された。

不愉快な発言を耳にして、やる気が失せた。

イライラさせられ、気分を害された。

 

うーん、受け身(笑)

そしてどれも何もアクションを起こしていない。

起こす前に、辞めて、不満な状態になっている。

まったく生産的とはいえない。

 

 

できない、やらない、やれない、一歩が踏み出せない、

ぜーんぶ人のせいにしてしまうのは、カンタンだ。

もっともらしい抗弁に聞こえるんだけど、

結局自分が悪くないって言いたいだけ。

つまんないなー。

 

ちょっとしたアクションを起こすかどうか、

一歩先に行けるかどうかは、

自分自身のことにすぎない。

周りの人が何と言おうと、どう見ようと、関係ない。

 

いつまで人のせいにした言い訳をする?

もっともらしい、最もダメな言い訳、

聞かされる側も、時間がもったいないからお断りしたい。