伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

デザイン仕事、学生と社会人の違いは?

職場見学に行き、質問しまくってきた。

とてもありがたい機会でした。

 

デザインに関する会社で、いわゆるデザイン系専攻の人がいる職場。

どうして趣味でなく、仕事としてできるか、聞いてみた。

 

会社で仕事してると、いろんな機会がくる。

で、スキルアップできる。

お客様が喜ぶものをつくり、感謝される。

仕事に使ってもらえてよい成果を生み、

また喜ばれる。

 

社会人として仕事として作るには、

慣れるまでかなり辛かったとか。

やっぱそういう時期ってある。

誰だってある。

 

いい話を聞かせてくれて

ありがとう!!!