伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

かわいいインドネシア語(その1)

聞きなれないインドネシア語の単語、

いくつかかわいい!と思う言葉を紹介。

思わず覚えてしまうかもしれません。

 

1)プランプラン(pulang-pulang)

ゆっくりと、という意味。

プランの1つでも「ゆっくり」という意味だけれど、

2つにすると「気を付けて、ゆっくりね」というニュアンスに。

 

帰り道、バイクで急ごうとしたら、よく言われたなあ。

 

2)キラット(kilat)

速達のこと。

いかにも早そうな感じがする。

 

3)サヤン(sayang)

愛しい、英語でいうmissの意味。

赤ちゃんを見ると、決まって「サヤン」と言う。

ああ、赤ちゃんには「サヤン」と言えばいいんだ、

赤ちゃんになんて声掛けするか戸惑っていたのが解消した。

赤ちゃん=サヤンだと勘違いしていたが、そうではなかった。

 

かわいいというか、なんだか便利な掛け声だ。

 

もちろん、赤ちゃん以外にも恋人同士のように親密な関係の相手にも使う。

 

気に入っていた3つの言葉、どれも音・意味がかわいい。(笑)