伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

待っている人、タイミング合えば躍進の可能性大。

「待っている人」はあちこちにかなりいる。

 

声かけてもらえるのを待っている。

誘われるのを待っている。

いいことあるかなーと待っている。

質問する機会がわからずじっと待っている。

どうしていいかわからず待っている。

 

えっ!と思うような状態で待っている人、実は多い。

その人にふと声をかけて、タイミングが合えば、ぐっと活動が進むことがある。

 

なんでそんなことで待ってんの!?っていら立つことはカンタン。

逆手にとれば、声掛けタイミングが合えば、その人の躍進はわしづかみ、いいように波の乗ってもらえる。

 

イラっとするんだけど、その気持ちはさておいて、

何か待ってるの?から話しかけてみるのも、いいかも。