伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

七夕の願い事。自分事まで願う!?

先日、七夕の願い事について話題になった。

願い事として…

・就職が決まってほしい

・ダイエット成功

・早く結婚できる

…が多かったような気がする。

どれも「自分事」。

 

なんだかこれらは自分で開拓・実践してやること、

自ら動くかどうかにかかわる内容。

わざわざ神仏(自然含む)に力を借りるよう願うことなのか、

はなはだ疑問。

願う時間があれば、自分で行動すればよい。

 

私が願うことは、

「天変地異・自然災害なく、天候に恵まれること」

大雨警報が発令している中だったからこそ、強く願った。

日頃の感謝の積み重ねも願いにつながるのでしょう。