伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、特に精神障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

新年の抱負、いつまで持続?イケイケな宣言を信じていいのか?

2019年がスタートしました。

しばらくあいてしまったブログ、リスタートします。

 

新年の抱負、毎年決めて実践・継続していますか?

この「継続」が一番難しいんですよね。

そして抱負そのものを忘れちゃう人もかなりいる。

となると、何なのよ?ってことになる。

 

気持ちを改める、節目になるお正月って、

すごくいいタイミングで、暦ってすばらしいなと思う。

一年を振り返り、新たな気持ちに向かわせてくれる。

 

抱負、目標って、宣言して他の人に公表できればなおいい。

自分だけの宣言じゃ、案外継続しづらい。

継続させるには、何かとプレッシャーも必要だから、

宣言を聞いてくれた人の応援も利用しちゃえばいい。

「新年に●●って言ってたよね、その後どう?」

なんて、ツッコミを入れてもらえたら最高だ。

 

実際には進捗を指摘されるのを嫌がる人も多い。

イケイケな宣言をしておきながら、

早いうちにしり込みしちゃう人もめずらしくない。

イケイケな宣言ほど、信用しづらいなーということも残念ながらある。

 

宣言した抱負は、継続が一番のネック。

それを踏まえて今年も邁進しましょう。

 

私の今年の抱負は、

着実丁寧・整理整頓