伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

台風の嵐が来る前、普遍的なこと。

こんばんは。

2018年は台風の襲来が多いです。

避けられない自然現象、しっかり備えて対処するほかありません。

 

7月上旬の西日本豪雨災害の後、何度となく台風が来て、

予定中止を余儀なくされた。

哀しいかな、そういう年周りと理解しましょう。

 

大切なのは台風が来ても、インフラが破綻しないこと、

破綻してもすぐ復旧できること、

 

そして少々のことがあっても、しっかりと備えて対処できること。

 

水害の後、岡山人として初めて防災持ち出しグッズを揃えました。

まだ持ち出し万全になっていないけれど、あれこれ必要なものを調べ、

あーこんなに必要なものがあるんだと知りました。

遅いかもしれませんが、気が付いた時がスタート時期です。

 

まだまだ何もしてない!という方は、今からでもいいので

避難する場合に持ち出すものをちょっと調べて、

調達してバッグに詰め込んでおきましょう。

 

備えあれば憂いなし、です。