伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

わからないことは怖い!から雇用したくない!?

障がい者雇用についての関係者勉強会でした。

どの支援機関も行政も、いいエピソードや事例、困ってる課題ってある。

 

企業に障がいをお持ちの方の就労について、お問い合わせをすると

対応はさまざま。

冷たい返答がとても多い。

いちいちへこたれていては、進まない。

 

どんな障がいかわからない、

障がい者と接したことがないからわからない、

受け入れできるかわからない、

できること・できないことがわからない、

どこにどう相談していいかわからない

わからないことがわからない……

でお断りされる。

 

つまり、わからないことは怖い!リスク!で

思考停止して雇用しない、受け入れない。

よくある残念な思考パターンだ。

 

どの人も一生懸命で、働いて社会の一員になって、

堂々と生きたい!って願ってる。

どうか見学だけでもまずは受け入れて、話を聞いてほしい。

思考停止はやめてほしい。