伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

うなづいてくれてたのに、伝わってない!?

対面で話して、お互いにうなづき、

わかりました!ありがとう!

って理解し合えてほっとしたと思う。

 

数日後、また話してみると、

あれ、忘れてる!?

なんだか言ったことと成果がビミョウにちがう!?

 

そういうずれって時々ある。

どうしてかというと、

対面で話すと理解が追い付いていない、

整理しきれていないから。

それも人の特性。

 

言っても言っても伝わらないのか?

本人も困っていて、

メモにして伝えたり、

メモを取る間を補ったり、

図や説明を参照しながら補ったり、

短く切って話したり、

相手がオウム返しして確認するのを待ったり。

ちょっとだけ手間をかけてみれば案外OK.

 

一番つらい、やってはいけないのは、

ダメ出しし続けること。

本人だってつらい、早く覚えたい・理解したい。

ダメダメ言われ続けると、自信を無くすのは早い。

どうか、ちょっと工夫をしてみては!?