伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

雨天のため中止。思いやりある広報タイミングとは?

今夏、中止連絡をすること・受けることが続く。

雨天のため中止、

台風のため中止、

猛暑のため中止、

どれも人の安全のため。

 

危ない時に無理して開催しない方がいいことと

判断する勇気も必要。

 

ぎりぎりまで状況を見てジャッジしたい。

主催側なら、準備してきたし、他の日に変える手間、費用のことなど

とにかくいろいろなことが頭のなかをよぎる。

 

参加する側からすると、

猛烈な雨予報、行って帰れるだろうか?、

雨で渋滞・遅延するかもしれないから帰りが遅くなると不安、

このところの災害時に経験した近隣の河川の増水などの再来、

いろいろと心配なのだ。

かつてなかったほどリスクに思えてしまう。

 

お客様ファーストで、参加者の安全を第一に考えて、

なるべく前日、当日の早い段階で判断して連絡すべきなのだ。

で、連絡するタイミングがこちらに余裕がなければ、

前日18時のタイミングで降水確率70%以上、とかめやすを作って

判断してもらうこともありだろう。

 

雨雨雨…で気にしている人はかなりいる。

雨だからまた今度にしましょう、安全を第一に考えていますよ、

と言われればとても心地よく、いやな感じもしない。

それが早くわかり、もしその時間帯に雨が降らなくても、

安全に備えられてよかったと思えるはず。

 

早いタイミングに判断&連絡、

そのための判断材料や基準はあらかじめ作っておくと

初動が早いですね!