伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、特に精神障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

今している行動、愛していますか?

あるアスリートからのメッセージ。

日本代表として競技する、ステキな女性からだ。

 

スポーツをしていると、ついトップになることばかり考えてしまう。

大切なのは、今している行動を愛し、

それが未来の自分につながっていくことを感じられるかということ。

 

 

地道な練習、思考、ディスカッション…

全て未来に通じている。

今していることはそのまま発展につながる。

 

そう、未来の自分のために、

今はつながっている。

 

必要なメッセージは、必要なタイミングにやってくる。

ああそうなんだ、ぐさっ!とくるほど理解できる。

 

イムリーにありがとう。