伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

判断すること、明確にしてスピードアップ。

仕事をする中で、相談したり、考えたり…

えーっと、それでさ、それってどうなったんだっけ?

 

時間をかけて相談・検討したこと、うやむやになって、

次の話題に移ってしまうともったいない。

時間がもったいない。

 

とにかく私はこれにイライラしてしまう。

同じことで2回も3回も尋ねたり、検討時間をとったりしたくない。

納得いかなくて、理解が腑に落ちなくてという場合は別。

 

そして、一つのことを判断するのに早い方がいい。

決めるのを怖がる、ためらう人、

責任を取りたくないとか自信がないとか…。

そんなの仕事なんだから、一つ一つ決めて進めるのが当たり前、

人の時間を、会社から与えられる時間を、給料を無駄にしないで!

 

っていうと、相当イライラした人に思われるんだけど。

そんなの気にしない。

一つ一つ決めるってエネルギーがいること。

腹くくってやらなきゃ進まない!