伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、特に精神障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

仕事した先にいるのは誰ととらえているか?

あまり働いた経験がないと、どうしても自分ができるか、

自分が耐えられるかが優先される。

仕事をした先にいる誰かを考える余裕はない。

働くことを通じて考えられることって、

そう思うとでかい。

 

ある経営者はいう。

地元を元気にしたい、と。

漠然としているんだけど、結局元気がないと、

購買意欲も何も起こらないわけで。

地域の活性化に携わるのはあながちばからしいことではない。

 

自分ファーストか、

相手ファーストかでずいぶん世界がちがってくる。