伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

ブログやフェイスブックの写真、アクセス数UPには(その1)

ブログ、フェイスブックページなど、

記事本文+写真を掲載するSNSについて、

どんな写真がよいのか?という悩み、よく聞きます。

 

自分がいい!と思うものが、

必ずしもアクセスしてみてもらえるとは限らないんです。

 

ぱっと見て、目を引く、

画面スクロールする手を止め、開いてくれる、

そんな写真って!?

はい、3大ポイントがあります。

 

1)きれい

女性、特に若い女性でしょう。

男性ばかりのスポーツチームの活動紹介だとしても、

一人女性がアップで写っていると目を引くでしょう。

 

小さな全身写真より、はっきりわかるバストアップなど大きめのほうがインパクトはあります!

 

 

2)かわいい

子ども、赤ちゃんです。

多くの人がかわいらしい、愛らしいと感じる、

子どもに登場してもらいましょう。

 

子どもの笑顔→親しみ・温かみを感じさせるでしょう。

 

 

 

3)美しい

景色、スポットで美しいものも、

目を引く上位ランキングです。

あ!っと息をのむような景色、

お!そこ知ってる!という眺めも効果的。

 

 

いつもと同じにならないよう、

目を引くポイントを意識して、アクセス数UPを試みてください!