伝えるお仕事、ときどきインドネシア語

伝えるお仕事として、広報企画・制作・集計を出版社での経験をもとに手掛けている岡山市在住41歳。就労移行支援事業所で、障がいをお持ちの方の就職活動と伝える力をつける支援、企業側へ障がい者雇用の橋渡しに携わる。大学時代にインドネシア・バリに1年間滞在、ときどきインドネシア語のお手伝いも。ブラインドサッカーチームの活動、ヒトの成長・変化の観察レポートもときどき。

やっぱり人に与えられる仕事じゃなくて、自分で作っている仕事が揺るがない。

仕事にはいろんな形態があって、いつもどれがベストだとか、安定しているとか即座に決めることは難しい。

半年余り、コツコツと引き受けて安定してきたつもりの仕事があった。でも年度替わりで終息しそうな雰囲気になってしまった。一担当者からの依頼業務で、その人が異動になると終わり!になってしまいそうなのだ。あーー、残念過ぎる。会社としてそんな体制はどうなのか?と責めるポイントは複数あるのだけれど、それまで信頼して何もしなかった自分の非も大いにあるわけで何とも言い難い。

 

そうこうしていると、人に頼まれて、「あ、あたしはけっこうこういうのできちゃうからいいわよ、引き受けるわー」って感じだと、主体性が欠ける。いざという時にゼロになりかねないなーと思っていたら、そのリスクが近づきてしまった。ひーーー

 

受け身だと困る、損するっていうのは、こういう時のことなんだなー。器用だからいろいろ頼まれてラッキー!っていうのは、ちょっと違うのかも。これも経験値の一つだ!!

確定申告をして、1年間の実績がリアルに数字で表現され、グッときた。

平成30年の確定申告をやっと集約しました。

自分の仕事分を申告するのは2回目、こんなに集約するのが大変なのかとまた実感。日頃から整理しておくこと、欠かせないなと痛感。一気にやろうとしたらそれなりに負荷が大きいことがまたわかった。

 

グッときたのは、1回目より2回目はちゃんと収入が伸びていたこと。

それはやっていてよかった~と嬉しくなる。それだけ協力してくれた人、関わってくれた人がいるっていうこと。もう一人一人に握手してお礼を伝えて回りたい気分。

 

数字になると実績ってリアル。あいまいに「けっこうがんばった」じゃわからない。冷や冷やするんだけど、具体的に分かってほっとする。今回は良い結果、数字が伸びていたからこそ、グッときた。

 

この調子で平成31年もがんばろう。

同じことやってたんじゃ変わらないから、新しいことも取り入れて広げてみよう。

仕事は楽しく、楽しく仕事を!

 

 

仕事の説明をするとき、まだ理解して腑に落ちてないんだなってモロにわかってしまう瞬間。

自分の仕事(本業)の説明で外出。

うーん、まだ思ったように説明できず、もどかしかった。これだけやってんのに、知らない人に紹介するには、まだまだ理解不足なんだな~と実感。

 

こういうのは上司や先輩の言い方をマネすると、一定のことはすぐまねして言えるようになるかもしれない。ある程度は確かにパクりやすい。

でも、質問されたり、ちょっと違うサイドから問われたりすると、応用しづらくって、あーまだまだだ!ということになりうる。

 

つまりは、日ごろから客観的に理解して、説明できる努力をしておくこと。

慣れている利用者、利用者の周囲の支援者、同業者だけに囲まれて過ごしていると、やっぱりわからないことがわからなくなってしまう。厳しくてもたまに外に出てみる、日ごろから職場以外の人の輪に参加して客観性を保つ、ということが欠かせないですね。

 

あとは、質問されたり、うまく言えなかったり、適当にごまかしたりしたことを、早く補っておくことに尽きるかな。

あー、これも学びだ。

 

 

ふわっと無難で当たり障りなく何も伝わらない文、読み手の時間の浪費に過ぎない。

志望動機、仕事や講義の振り返りコメント、目標や抱負。何かしら自分の意思を表示し、考えを提示する機会が生きていると何度となくやってくる。その時、しっかり考えて伝える努力をしているだろうか?「どう言えば、もっと伝わるんだろう?」「こういう表現じゃ薄っぺらいから、なんと言い替えようか、何から言おうか?」なんて悩んでる人は、十分努力をしていると思う。

 

私が言う、「ふわっと無難で当たり障りなく何も伝わらない文」っていうのは、およそこんな感じだ。

 

・ためになる話を聞くことができて、今日はよかったです。

・もっと自分で反省して、貢献しないといけないと思いました。人の役に立ちたいと思います。

・はじめは何もできませんでした。でも、すこしずつ慣れて、少しはよくなりました。

 

厳しいけど、これって内容がないんですよー。

だって、何の話の後にくっつけてもなんとなくおさまる。それは、具体的なことをなーんにも含めていないから。すぐにつっこみたくなるのは……

 

「なんのためになったのよ?ためになる、ためってどういうこと?」

「何を反省したの?」

「貢献するとは、あなたなら何をするとういことなの?」

「少しずつ慣れたのは、いったい何からですか?」

 

何を想定して話しているのか、聞き手には全く分からないから、文としての意味をなしてないんですよね。ふわっと無難、当たり障りない、つまり、何の印象も残らない。それでどうなるんだろう?っていうフックがない。目的語が具体性を欠いていて、何のことやらさっぱりわからない。

 

これほど疑問、不快を与える文は、読み手の時間の浪費に過ぎない。もっと相手を思いやって文を書く、話す努力を惜しまないように!!

 

これは自戒も含めて。

 

久しぶりの仕事、「ギアを少しずつあげる」

諸事情により療養のためしばらく働くことから遠ざかっていた人が、数年ぶりに回復して生活ペースを立て直し、やっとの思いで仕事を再開した。なんだかとてもうれしくて、日々出勤する先があること、働くこと、働けることって、あらためてありがたいなと思う

 

ほぼ1か月が経過し、少しずつ仕事量が増えてきたという。きっとすぐにできてしまうのだけれど、ぼちぼち、少々ありあまるくらいのペースで。自分で自分をコントロールしている。自制できるっていうのはとても大切なことだ。

 

「ギアを少しずつあげる」

 

そう表現して、ぼちぼち、ペースを保っている。自分のペースってやっぱり大切で、ガンガンやりすぎちゃまずい。ついやりすぎてしまう今世、自制する、自分の仕事の適量を知るということは相当に重要だ。

 

残業が過剰だというけれど、やりすぎてしまう、いつも疲れているのが常態になれば、自分に鈍感になってあれこれ過剰になってしまう。自分に鈍感になること、自分に寛容になって見積りを誤ってしまうこと、これでどんどんメンタルが壊れてしまう。

 

自分のペース、自分の適量、ほどよく保って自分を大切に!

 

まだ何もしてないのに、できない、自信がない、無理っていう人、いまや若者だけではない。

自分にできることがわからない、ないと思っていると、

仕事を探そうとするとき、すぐにできない、自信がない、無理って言ってあきらめてし

つまり何も選べなくて決まらないし、進展しない。

これほどつまらないことは、ないですよ。

 

どうやったらできるか考えてみる、尋ねてみるってこともしないわけです。

質問してみたら、案外やり方がすぐわかったり、はじめは不器用でも間もなく慣れてきたり、そういうこともあるんだけどね。

 

質問するっていうことすら、困難で、恥ずかしいとか、どういえばいいかわからないとか、声かけるタイミングがわからないとか、聞いたら嫌がられそうだとか。

聞かずに勝手にやって失敗する、時間をロスする方が重篤なんだけど、自分自身の恥を重視してしまって動けない。あー困ったな。こればかりはどうにもならない。

 

できない自分でいるのは、失敗がなくて、リスクがなくて、居心地がいいのかもしれない。だって何も責められないし。咎められやしない。でも、よく考えたら、できないことを理由に何もせずにずーっと過ごすのは、つまらない。なーんにも求められない、誰にもかかわらない、孤独な人生になる。それじゃ生きていけないんだよね。

 

できない、自信がない、無理!っていうのは、いまや若者だけでない。どの年代にもあきらめている人、それなりにいる。あきらめて、逃げてきたことをいかにリセットするか、立ち向かえるか、自分で自分にスイッチを入れないと、イヤー進めないんですよねー。いくらあれこれ言っても、自分のスイッチがオフのままでは変わらない。

 

何か試してから、できないって言ってほしいものだ。スモールステップでいい、着手することにたどりつこう。

 

 

判断する、決めるスピードはロスを最小限にしてくれる。

 

判断・決定は早い方がいい。絶対にいい。とにかくいい。

迷っている時間がロス、待たせている人にも迷惑、次に進む方が得られることが多い、等のメリットがある。そんなのビジネス書やコラムで知ってる!っていう人も改めて考えてみてほしい。

 

判断が早くても、適当じゃだめ。判断するまでのプロセス、理由が残ればいい。なんでだっけ?って振り返ることができなきゃ、適当に決めたに過ぎないでしょ。根拠があって、これがいい、このやり方をしようっていうなら納得。

判断ははやく、根拠はきちんと残す!

 

判断が早いと、考える力、とくに想定するとかシミュレーションすることがうまくなる。あまり深く考えると、ネガティブな方になりがちだから、さっと進めてみてまた考えてみよーでもありなことだって。そういうリスクヘッジというか、やり直し・引き返し余地があることも。

判断することに慣れて、シミュレーションがUP!

 

判断が早いと、人生の効率があがり、仕事量がふえる。たぶん(笑)

一つのことに考える時間、割り切れたら次のことに取り掛かりやすい。それってとってもすっきり。いつまでも同じことだらだら考えてるのって発展性がないじゃない?それならバシッと決めて、宣言して、次へ進みましょうよ。

判断を早くして、発展幅を広げよう!

 

判断が早いと、慣れてきたらその気になって、早いかどうかわからない。

だから意識して、初心にかえる。無駄にしてること、片付いてないこと、蓄積してないかチェックしてみて。それで整理整頓出来たら、またスピードアップできる。

判断が早くなるよう、時々自分の整理整頓を!